仕事をさがす

Looking for a job

売り手よし、買い手よし、世間よしに加え、自分もがっちり稼げる不動産売買の仕事。一緒に地域を盛り上げましょう!

848万9千戸。
この数字が表しているものが何かおわかりでしょうか。
2023年現在、日本全国にある空家の件数です。この数は今後も増え続けていくと予想されます。日本の総建物数のうち、空家が占める割合は13.6%となり、過去最高となってしまいました。皆さんもニュースや新聞で空家問題について目にすることも多いと思います。

株式会社田屋ホームはそんな空家問題へ、中古の不動産売買を通じて課題解決をしている企業です。

放置すればするほど問題が増えていく空家

改めてこんにちは。株式会社田屋ホーム、代表取締役の本間 貴博です。
冒頭で述べたように、日本の空家問題は深刻です。様々な視点がありますが、まずは空家の所有者視点から。
一番の問題はお金でしょう。人が住まなくなった家はどんどん傷んでいきます。修繕費用がかかるうえに固定資産税も払い続けなければいけません。放置しすぎて屋根が抜けたり、倒壊の危険があったりする空家はいわゆる「特定空家」になり、税金がさらに高くなります。建物が傷み使えない家となった後、行きつく先は解体費用の発生。数百万の解体費用を払って建物を壊すと、今度は更地になっているわけですから、土地単体の需要は少なく、買い手もなかなか見つかりません。追い打ちのように建物の無い土地の固定資産税は高い…。
このように空家は所有したまま放置すればするほどお金がかかるのです。

空家は所有者だけではなく、地域にとっても課題となる

次に地域の視点を見てみます。
想像していただきたいのですが、例えばいま貴方のお住みの家の隣が空家だったらどうでしょう。
手入れされず、敷地は雑草だらけ。夏は虫が大量に発生して自宅に侵入してくる。屋根や外壁は傷み、風が吹くと今にも外れそう。台風のときなんかは瓦が飛んできそうで怖い。ドアが壊れているし至るところに穴があって、狐狸はおろか不審者まで入りそう。不審火も心配だし、雪国ならではの除雪の問題もある。
不安や悩みの種がたくさん、そんな家が隣にあったら心配ですよね。
空家は所有者だけでなく地域の問題でもあるのです。

空家売買は三方良しの事業

一方、コロナ禍を経て地方の空家需要は高まっています。
リモートワークが普及し、必ずしも東京に住んでいる必要が無い方が、生活コストの低い地方の空家を安く購入。自分好みにリノベーションして住み、リモートワークをする。または貸別荘や賃貸として貸し出す。このような空家の需要が近年高まっているのです。
弊社の仕事は、そのような空家の売り手と買い手のマッチングと言えます。
空家の所有者は金銭的損失を無くすことができる。買い手は自分好みの家に改装した家に安く住むことができる。地域は空家がきれいに管理されるようになり、若い人が移住してきてくれる。
弊社の仕事はまさに買い手よし、売り手よし、世間よしの三方良しであると、胸を張って言うことができます。

事業の肝はDX

事業の肝になっているのが、データ活用やwebでの情報発信など、いわゆるDX化です。
弊社が扱う物件は全国に公開されているサイトに掲載しています。そのため、関東圏で安く物件を探している買い手の方にもアプローチすることができます。売買の実績もオンラインで公開しているため、信頼も得やすいんです。
売買に必要な書類もすべてクラウド上に格納。売買のやりとりがスムーズに行くため、レスポンスが早くお客様を待たせません。
また物件の価格は相場やリスクを数値化して出すので、外すことはありません。間違いなく売れる価格を設定します。

筋トレと不動産の仕事

さてなぜ私がこんなに空家問題に熱をあげているのか?少し個人的な話をさせてください。
私は学生の頃、野球をしていたのですが、選手としてはあまり上手な方ではありませんでした。
そんな私がはまったのが筋トレ。野球センスのない私は素振りをいくらやってもバットにボールを当てられないのですが、筋トレはやればやるだけ、成果が出ます。目に見えて筋肉が大きくなるので自尊心が高まります。野球の練習そっちのけで筋トレに励んでいましたよ(笑)。
不動産の仕事の前はフィットネスジムのインストラクターをしていました。お客さんに筋トレの素晴らしさを伝え、ベンチプレスが何キロ上がった、何キロ痩せたと数字を上げて喜んでもらえて嬉しかったです。
筋トレのおかげで豊かな人生を送れたのですが、このことは今の不動産の仕事にも通じるものがあるのかもしれません。筋トレも不動産売買も数字的なエビデンスがあります。
空家を売りたいという人には「このままいけば固定資産税が10年間でいくらかかる。解体費用にこれだけかかる。トータルで○○円かかるのは確実で、それだけ損失になります」とデータを使って説明すると、皆さん深く頷かれるからです。
売り手と買い手をマッチングすればするだけハッピーになる人が増える。地域から空家という課題を解決することができる。自分に向いているなぁと思います。

一旗揚げたいガッツのある方を募集!

さて弊社は今後さらに取引を増やしマッチングを通じて地域への貢献をしていきたいと思います。
そこで営業または事務の方を募集しています。
柏崎の空家は今後増えていきますし、地方への移住が増えていく世の中の流れからしても空家を購入する人が増えていきます。上越での支店立ち上げも考えているため、ゆくゆく支店長を任せることもできます。仕事はたくさんあります。ガツガツ働きたい!がっちり稼ぎたい!という方、お待ちしています。
売り手、買い手、地域から喜ばれ、自分も稼げる。素晴らしい仕事です!
一緒に地方で一旗あげましょう!

取材執筆=矢島 衛(柏崎市移住・定住推進パートナーチーム)
写真撮影=宮 沙織(NPO法人aisa)
※一部写真は田屋ホーム様よりご提供いただきました。

企業情報
会社名
株式会社田屋ホーム
事業内容
株式会社田屋ホームは地元で40年以上、宅地建物取引業者として地元密着企業ならではの安心と信頼を頂いております。物件の売却のご相談はもちろん、弊社での買取や物件査定など、弊社スタッフが迅速・丁寧にご対応させて頂きます。上越市・柏崎市を中心に、新潟県の不動産のご相談はお任せ下さいませ。 近隣エリア以外にも、新潟市・長岡市・三条市・燕市など取り扱い実績豊富なスタッフがご案内させていただきます。 査定・ご相談は定休日も承っております。営業時間外のご対応も可能です。
コメント
柏崎市は山・海を楽しめること、人の優しさ、首都圏とのアクセスの良さなど移住に必要な要素がそろっているまちと考えています。そんなエリアだからこそ今後ご一緒に協力いただけるパワーある方に柏崎に来ていただけると嬉しいと考えます。
企業HP
https://tayahome.jp/